2008年03月18日

Grover Jackson FU.P-70 Mod その3

今週は金曜を休んで4連休にしようと思ってるので必死です。
こんばんはー。

今週末の日曜日にStickamにてライブ予定です。
興味がある人は見に来てくださいねー(*´∀`)
時間はまだ未定です。決まり次第書きます。

3曲を親友や友人と交代しつつやる予定です。
まだ1曲も完全に覚えてないや。。。('A`) 頑張ります。

なので、今週はわりと忙しいっていうか時間に追われています。
組みたいものもあるんだけど、ぐっと我慢。来週からまた色々組み立てます。


さて、でっかい穴をあけてしまったGrover Jackson FU.P-70ですが、穴埋め作業をしました。

エポキシパテで埋めた後ヤスリで平らにし、ドリルにて再度穴あけを行いました。
20080318JacksonFU70Mod1-2.jpg
5Wayセレクターのあった位置に穴をあけようとするとスイッチの大きさから入りそうになかったのでちょっと上に穴あけ。そしたらドリルの力がその空洞だった部分に逃げてしまい割れてしまったということです(´;ω;`)ウッ…
まぁ、きっちり穴はふさぎました。エポキシパテを盛るのもなかなか難しいですね。綺麗には盛れませんでした。

20080318JacksonFU70Mod1-1.jpg
トグルスイッチをつけたあとです。やっぱり色の違いは目立ちますね。穴が大きかっただけに。。。

色を塗ったりしたいのですが、サンバーストっぽい色のため、自分で塗装を行うにはちょっと難しいと思い、東急ハンズにて木目のカッティングシートを購入しました。ギターの塗装は大変そうですし。。。(弱気) ボディカラーっぽい色の塗料がなかったし('A`)
20080318JacksonFU70Mod1-3.jpg

んで、はっつけてみました。





















20080318JacksonFU70Mod1-4.jpg
色が全然ちげぇwwwwwwwwwwwww
所詮、僕の記憶力なんてこんなもんですwwwwww
てか、言い訳していいですか?w 光のあたり方が全然違うんでこういうときにお店で色選ぶのは難しすぎですよwww 写真持っていけ?そうですね。。。はい。。。_ノフ○

まぁ、とりあえず応急処置は完了です。
どうしても気になるようだったらまたなんかしら方法を考えます。

ピックアップ交換はしてませんが、一応サーキットの改造は終わりました。
20080318JacksonFU70Mod1-5.jpg
コイルタップもできるようにしました。

これ面白いですね。音のバリエーションが広がりました。
ただ、機能を使おうとすると演奏をミスしまくるというw

まぁ、臨機応変に使えるようにならないと意味がないですね。

タップしたハーフトーンの音、フロントのBill Lawrence L-500の音は面白いです。ただタップしてないときがどうも苦手('A`) あんまりパワーがないように思います。いつも使ってるギターのフロントがSeymour Duncan SH-4(JB)だったりEMG 81なので。
リアのDimarzio Steve's Specialもやっぱり好みじゃないなぁ。。。 コイルタップしてもかなり出力あります。単純に出音が自分には合わないと思いました。

もうちょっと弾き込んでみてからピックアップの交換をしてみます。よく音を耳に覚えこませないと変更したあとにどうなったか判断できないので。。。ああ、高性能な耳がほしい('A`)


ってことで、もうちょっとギター練習頑張りますーヽ(´ー`)ノ
posted by crimson_red_666 at 02:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行けそうにありません↓↓
Posted by Aya* at 2008年03月18日 17:13
>>Aya*
PCの修理終わらなさそう?(;・∀・)
Posted by crimson_red_666(まぁ) at 2008年03月19日 03:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89966684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。